初夏から晩秋まで咲き続ける、主役を引き立てる庭の名脇役 宿根アスター

初夏は名脇役として見映えをアップ、秋は宿根アスターの花色が冴える季節
ふわふわした可愛らしい花は、暑さや寒さ、病害虫にも強く
大きくも小さくも自由自在に仕立てられる点が魅力です

草丈15cmとコンパクトなものから、大型になると2mを超すものまであります。よく出まわっているものは、40cm~1mのものです。
コンパクトな種類は花壇の前面でにぎやかに、大型のものは後段でダイナミックに花を楽しむことができます。
いずれの種類もひと株でボリュームたっぷりに広がるので、植栽の見ごたえをアップさせてくれます。
性質は強健で耐暑性・耐寒性があり、育てやすく、あまり手間がかかりません。
しかし手入れの仕方によって見映えが違ってきますので、栽培のポイントを押さえて、いろいろなガーデニングの楽しみを味わってください。

栽培のポイント

  • 育てる環境

    日当たりと水はけのよい場所を好み、日照不足になると間のびしたり花つきが悪くなります。
    高温多湿にやや弱く、風通しが悪いとうどんこ病になりやすいので気を付けましょう。土壌は、ほど良く保水性がある方がいいでしょう。

  • 切り戻し

    枝を多くして花数を増やすために、5月~6月に1/2~1/3ぐらいを残し、上部を切り落とします。 また、草丈を低く抑える効果もあり、支柱が不要になります。

  • 花がら摘み

    花が終わったものが多くなったら、花のついている茎上部を切り取ります。

  • 肥料

    一般的な草花に比べ、肥料をそれほど欲しがりません。早春に、緩効性肥料を軽くバラまいておく程度でOKです。

  • 植えかえ・株分け

    生育が旺盛なので、地植えの場合、3年に1回を目安に掘り上げて株分けします。 1株が3~5芽になるようにハサミで切り分け、植え直します。 鉢植えの場合はすぐに根詰まりを起こすので、毎年植え替えるとよいでしょう。時期は2~3月の芽出しの直前に行います。

  • 挿し芽

    5~6月に新芽の先端を含めて2~3節分(7~8cm)を挿します。 根が出るまで約1ヵ月かかるので、その間乾かさないように明るい日陰で管理をしましょう。

  • 開花終了後

    秋の終わりに切り戻す。株もとには堆肥などでマルチングをして来年のための養生をします。

草丈別 宿根アスター

現在たくさんの品種がそろう宿根アスター。
ここでは、草丈を大きさで分けて人気の品種をご紹介します。あなたのイメージに合った品種を見つけてください。

50cm以下の小型種50~80cmの中型種80cm以上になる大型種

50cm以下の小型種

アスター‘ウッズピンク’

学名:
Aster(Symphyotrichum) dumosus ‘Wood's Pink’
耐寒性:
日照条件:
日向
花時期:
晩夏〜秋
花色:
薄いピンク
高さ:
30~40cm
広がり:
40~50cm
一言コメント:
ダークグリーンの葉に薄いピンクの花が映える。うどんこ・さび病に耐性がある。

アスター‘ジェニー’

学名:
Aster(Symphyotrichum) novi-belgii ‘Jenny’
耐寒性:
日照条件:
日向・半日陰
花時期:
花色:
濃いピンク
高さ:
25~40cm
広がり:
30~45cm
一言コメント:
小型種。コンパクトなサイズでスモールガーデンにも使いやすい品種。アスターは植栽場所によってうどんこ病に悩まされることもあるため、風通しの良い所に植えたい。

アスター‘タイニー トーイ’

学名:
Aster ‘Tiny Toy’
耐寒性:
日照条件:
日向・半日陰
花時期:
花色:
紫がかったブルー
高さ:
15cm
広がり:
15cm
一言コメント:
草丈が低いので、足元をカバーするにも役に立つ。

アスター‘トワイライト’

学名:
Aster macrophyllus(Eurybia×herveyi) ‘Twilight’
耐寒性:
日照条件:
日向・半日陰
花時期:
晩夏〜秋
花色:
ラベンダーブルー
高さ:
40cm
広がり:
40cm
一言コメント:
澄んだラベンダー色の花が美しい。とてもうどんこ病に強く、半日陰や乾燥気味のところでも花を咲かせる。

50〜80cmの中型種

アスター ‘ハーブストグラス フォン ブレッサーホフ’

学名:
Aster(Symphyotrichum) dumosus ‘Herbustgruss v. Bresserhof’
耐寒性:
日照条件:
日向・半日陰
花時期:
花色:
ピンク
高さ:
40~50cm
広がり:
40~50cm
一言コメント:
ボーダーガーデンやポットに植えても可愛らしい。開花終了後、秋の終わりに切り戻す。株もとには堆肥などでマルチングをして来年のために養生してあげる。

アスター‘プロフェサー アントンキッペンバーグ’

学名:
Aster(Symphyotrichum) novi-belgii ‘Professor Anton Kippenberg’
耐寒性:
日照条件:
日向
花時期:
晩夏~秋
花色:
薄青紫
高さ:
40~50cm
広がり:
50~60cm
一言コメント:
薄青紫の優しい花色。草丈低め。

アスター‘リトルカーロウ’

学名:
Aster(Symphyotrichum) ‘Little Carlow’
耐寒性:
日照条件:
日向
花時期:
晩夏~秋
花色:
薄い青紫
高さ:
40~60cm
広がり:
40~60cm
一言コメント:
花色がとても映え、花数は多く、華やか。

アスター‘ロイヤルルビー’

学名:
Aster(Symphyotrichum) novi-belgii ‘Royal Ruby’
耐寒性:
日照条件:
日向
花時期:
晩夏~秋
花色:
濃い赤みがかったルビー
高さ:
40~50cm
広がり:
30~40cm
一言コメント:
秋のガーデンによく映える濃いルビー色の花。中型のアスターで扱いやすい。適湿で地力のある土壌のほうがうどんこ病になりにくい。

アスター ノバエアングリアエ ‘パープルドーム’

学名:
Aster(Symphytrichum) novae-angliae ‘Purple Dome’
耐寒性:
日照条件:
日向
花時期:
晩夏~秋
花色:
明るい青紫
高さ:
40~60cm
広がり:
30~40cm
一言コメント:
明るく鮮明な青紫が映える。薄い花色のアスターとの組み合わせにもおすすめ。

アスター フリカルティー ‘メンヒ’

学名:
Aster × frikartii ‘Monch’
耐寒性:
日照条件:
日向
花時期:
晩夏~秋
花色:
フジ色
高さ:
65~80cm
広がり:
50~60cm
一言コメント:
水はけの良い土壌、日向の場所を選んで植える(比較的乾燥しがちなところでも良い)。うどんこ病に耐性がある。ルドベキアやエキナセアとの混植もいい。

アスター ディバリケータス

学名:
Aster divaricatus(Eurybia divaricata)
耐寒性:
日照条件:
日向・半日陰
花時期:
夏~初秋
花色:
高さ:
45~80cm
広がり:
40~60cm
一言コメント:
自然風な趣き。比較的ローメンテナンスで乾燥にも強く樹下にも使える。

80cm以上になる大型種

アスター タービネルス

学名:
Aster (Symphyotrichum) turbinellus
耐寒性:
日照条件:
日向・半日陰
花時期:
花色:
ラベンダーブルー
高さ:
80~90cm
広がり:
40~50cm
一言コメント:
薄紫の小花が溢れるように優しく、ふわぁっと咲き自然。葉は緑色。切り花としても楽しめる。

アスター ラテリフローラス ‘プリンス’

学名:
Aster lateriflorus ‘Prince’
耐寒性:
日照条件:
半日陰(日向)
花時期:
晩夏~秋
花色:
白(中心はピンク)
高さ:
90cm
広がり:
30cm
一言コメント:
濃い紫色がかった銅葉に華奢な白い花びら。中央が紫系ピンクでおしゃれなアスター。

アスター ラテリフローラス ‘レディインブラック’

学名:
Aster lateriflorus ‘Lady in Black’
耐寒性:
日照条件:
日向(半日陰)
花時期:
晩夏~秋
花色:
白(中心はピンク)
高さ:
90~100cm
広がり:
60~70cm
一言コメント:
日照やうどんこ病の耐性がる。草丈を低くコントロールしたい場合は初夏頃に1度ピンチしておくと支柱がいらず管理しやすい。日向のほうが葉の色がきれいに保てる。アスター‘プリンス’より草丈が高い。

アスター エリコイデス ‘ジョリージャンパー’

学名:
Aster(Symphyotrichum) ericoides ‘Jolly Jumper’
耐寒性:
日照条件:
日向
花時期:
晩夏~秋
花色:
薄紫
高さ:
100~120cm
広がり:
100~120cm
一言コメント:
優しい薄紫の花が沢山咲き乱れ優雅。

アスター ノビベルジー ‘ビオレッタ’

学名:
Aster novi belgii ‘violetta’
耐寒性:
日照条件:
日向
花時期:
花色:
高さ:
130~150cm
広がり:
60~70cm
一言コメント:
濃い青紫色の花は秋の庭にアクセントをつけてくれます。自然風な景観にも良いでしょう。

アスター ノバエアングリアエ ‘セプテンバールビー’

学名:
Aster(Symphyotrichum) novae-angliae ‘Septemberrubin’
耐寒性:
日照条件:
日向
花時期:
晩夏~秋
花色:
濃いローズ
高さ:
150cm
広がり:
100cm
一言コメント:
遠目にもよく映える。大型化する。晩春から初夏に切り戻すと草丈が低く抑えられる。